The conduit rights league

コンジット人権連盟はコンジットの権利保護と彼らの驚くべき能力の研究を目的とした組織です。

コンジットをよく理解していると自信のあるあなた

クイズに答えてコンジット理解度をチェックしましょう!

About Us

歴史を振り返ってみると、人々は理解をできないものに対して偏見を持って接してきました。コンジットも例外ではありません。北米では、コンジットは「バイオテロリスト」というレッテルを貼られ、統一保護局による激しい弾圧の対象となっています。コンジットの遺伝子を持つ者は、無期限に監禁されるという危険と隣合わせの毎日を過ごしているのです。

コンジットは私たちと同じ人間であり、医療やテクノロジー、アートなど様々な分野において多大な貢献が期待されています。彼らには人としての尊厳、自由、そして人類のためにその能力を使う権利が与えられるべきなのです。

Up arrow

よくある質問

  • コンジットとは? Open or Close
    コンジットとは驚異的な能力を持った人間のことを指します。超能力と捉えられことがよくありますが、これらの能力は遺伝子から発生しています。全てのコンジットの遺伝子には特殊なタンパク質が備わっています。

    この遺伝子がレイ・スフィアのエネルギーにさらされると、コンジットの体内で特殊なタンパク質が生成され始めます。これによりコンジットたちは自ら取り巻く環境を吸収したり、操ることができるようになるのです。能力は電気のような自然界のものから、人工的な要素を含むコンクリート等、多岐に及んでいます。

    重要なのは、コンジット遺伝子を持つ多くの人は「コンジット陽性」という、変化の可能性を秘めているだけの状態だということです。コンジット陽性の状態では特殊能力も持っておらず、能力もないため「普通」の人間と何ら変わりが無いのです。
  • コンジットは何ができるのか? Open or Close
    コンジットの能力は個人によって様々です。能力が活性化したコンジットは周りの要素を体に取り込む事ができ、多くのコンジットは体に吸収した要素を何らかの形で解き放つ事ができます。体の構成を一時的に変化させ、吸収した要素の特徴を体に反映させる事ができる者や、その他にも、周りの環境を巧みに操る事ができるコンジットも存在します。これらの能力がどのように決まるのかは依然として解明されていません。

    コンジットは非常に高い身体能力にも恵まれています。通常の人間であれば致命傷となるような怪我や痛みをものともせず、非常に高い回復能力を有しています。この高い回復能力により、コンジットはエネルギーを消耗することなく、走ったり、壁を登ったりなど、激しい行動を行うことができます。コンジットの能力がどのようにして開花するのかという謎は未だに解明されていませんが、医学進歩に貢献する可能性は相当なものだろうと言われています。
  • コンジットは危険なのか? Open or Close
    一般人同様、コンジットも暴力を振るうことがあります。しかし、コンジット遺伝子が、保有者の性格に影響を及ぼすという証拠は見つかっていません。全てのコンジットが凶暴であったり、冷酷で精神が不安定だと決めつけるのは、コンジットに対する恐れと誤解が招いた根拠のない偏見です。

    繰り返しとなりますが、遺伝子保有者であっても能力を手に入れていない状態であることがほとんどです。特殊能力を持っていない状態で社会に危険を及ぼすことは一切ありません。
  • コンジットはどのように社会へ貢献できるのか? Open or Close
    医学界を例に取っても、コンジットの能力が与える影響は計り知れません。コンジットの回復能力を分析し、利用する事ができれば医療の現場は大きく変わることとなるでしょう

    一番わかりやすく明確なのは医療への貢献ですが、それより更に素晴らしいのは、彼らの持つ物質やエネルギーを自在に操れる能力です。これらの能力の原則を理解することができれば、物理学、化学、そして製造業に革命的変化をもたらすことができるでしょう。また、コンジットの能力は、農業等の発展にも貢献できます。他にも、クリーンエネルギーの生産や水質浄化等にも適用できる可能性を秘めています。

    コンジットの能力は他にも様々な形で有効利用できます。このような能力により、芸術やエンターテイメントの促進、自己探求に多大なる影響をもたらし、人類の大いなる進歩の手助けとなるでしょう。光そのものになったり、意志の力だけで物を動かすことができる自分を想像してみてください。人類史上初めて、魔法のような体験が実際にできるようになるのです。
Up arrow

連盟の歴史

Founder

Stacy Pine

コンジット人権連盟は、数々の被災地においてコンジットの能力の可能性を目の当たりにした弁護士ステイシー・パインにより設立されました。災害により荒廃した街などでコンジット達は目覚ましい活躍をしました。多くのコンジットが救命活動に参加し、疲れを知らないコンジットの体力は復興のスピードを大幅に上げることになったのです。残念ながら、これらの尊い行為よりもビーストの非道な行為のほうが人々の記憶に深く刻まれることとなりました。

パインは国中の教育者、企業家、研究者や地域社会の指導者などと提携して連盟を設立し、コンジットの人権保護、認知度の向上、そしてコンジットの人権を守るために活動をしてきました。コンジットの能力を社会に役立てることができると我々は強く信じています。彼らの力で、人類は新たな歴史を共に作ることができることでしょう。

我々は最優先事項として、統一保護局により拘束されたコンジット達の人権のために日夜闘っており、拘束者の家族に対して法的、経済的支援を提供しています。

Up arrow